タグ別アーカイブ: 石付

コロニアル屋根のリフォーム工事の事例

ちょうど今日終わった工事なので、ご紹介。

コロニアル屋根の上に、石付金属屋根「セネター」でカバーです。
before

工事前。

RIMG0456

工事後。

RIMG0459

壁との取り合いは、水切を二重にして防水を高めています。

 

石付金属屋根は、金属の苦手な部分を補うもので、
なかなかスグレモノです。

・天然石が雪を止める効果がある。
・天然石なので色褪せが少ない
・天然石が鐵板の雨音を小さくする。

また、もう少し細かく見ていくと、

・7kg/㎡、積雪2cmくらいの重量と建物への負担少ない。
・水の横走りがないので、壁際も安心。
・裏面の空気層が断熱効果を発揮

など、機能的にも優れています。

コロニアル屋根のリフォームには、オススメしています。

桜の季節に、コロニアル屋根のリフォーム事例

久しぶりの更新となりました。

桜がきれいな季節になりましたね!IMG_7795

週末には散ってしまいそうなので、、仕事中にちらっと、花見気分を味わってきました。

さて。

コロニアル屋根のカバー工事で、
LIXILのセネターという石付の屋根材を使う機会が増えましたので
屋根工事の一連の流れをご紹介。

ilovepdf_com ilovepdf_com-1 ilovepdf_com-2 ilovepdf_com-3

という感じで進みます。

 

レコルーフの現場も完成まであと少し。

DSCF3008

石付金属屋根「レコルーフ」の現場。

雪も降り、勾配も強く、塗装との兼ね合いもありましたが、
そろそろ完成に近づいてきました。
天気が続いてくれている間に、もうあと少し。

残りはタッチアップと壁周りのシーリング。
社員にはあと少し頑張ってもらいます。

 

外装リフォームの現場がスタート

RIMG0836

外装リフォーム工事の現場がスタートしました。
屋根は石付金属屋根でのカバー
外壁は塗装+αです。

とある事情で足場解体の期日が決まっていて、
この季節ですが、どうしてもやってしまわなければならないというところ。

今年に入って晴れ間が続いていましたが、
天気予報とにらめっこをする日が続きそうです。。
晴れてくれないかなぁ~。