桜の季節に、コロニアル屋根のリフォーム事例

久しぶりの更新となりました。

桜がきれいな季節になりましたね!IMG_7795

週末には散ってしまいそうなので、、仕事中にちらっと、花見気分を味わってきました。

さて。

コロニアル屋根のカバー工事で、
LIXILのセネターという石付の屋根材を使う機会が増えましたので
屋根工事の一連の流れをご紹介。

ilovepdf_com ilovepdf_com-1 ilovepdf_com-2 ilovepdf_com-3

という感じで進みます。

 

この記事を書いた人

屋根・外壁・雨樋工事業 (株)吉光工業の3代目。「快適に暮らす」「人・建物・環境にちょうどいい解決策」をテーマに、できることを色々ご提案します。 一級建築士、 一級建築板金技能士 、遮熱施工管理技士 、宅地建物取引主任者。大阪大学建築工学科卒。大手ハウスメーカーを経て、 2006年から家業に。

コメント

コメントする

目次
閉じる