福井市内の小学校の煙突は福井県板青年部で作ってます。

image

自分が所属している団体、福井県板金工業組合には、青年部があります。
自分は7、8年ほど前から青年部に所属しているのですが、
今年度は県の青年部長をやっているので、
せっかくなので、組合での青年部活動の紹介を。

福井市内の小学校では、エアコンが付いているところもありますが、
冬はエアコンだと電気代が高いということで、ストーブが使用されています。

そのストーブに煙突を取り付ける、取り外すという仕事は、
福井県板金工業組合が福井市から依頼を受けて、組合で行っているのですが、
煙突の作成は、青年部が行うというのが習わしです。

作る本数は減ってきていますが、
今年度は900本を製作することとなり、
10月から、毎週火曜・金曜の夜7時から9時まで作業しています。

image7-1024x768

image8-1024x768

image9-1024x768

手加工の世界ですね。

この記事を書いた人

屋根・外壁・雨樋工事業 (株)吉光工業の3代目。「快適に暮らす」「人・建物・環境にちょうどいい解決策」をテーマに、できることを色々ご提案します。 一級建築士、 一級建築板金技能士 、遮熱施工管理技士 、宅地建物取引主任者。大阪大学建築工学科卒。大手ハウスメーカーを経て、 2006年から家業に。

コメント

コメントする

目次
閉じる