遮熱材リフレクティックスもお任せください

屋根工事外壁工事雨樋工事以外にも株式会社 吉光工業に出来る事、もう1つご紹介です。
それはこれから暑くなる時期に絶対あるといい、遮熱材リフレクティックス!

断熱材と遮熱材の違いはご存じですか??

断熱材は「熱の伝わるスピードを遅くする」材料、
遮熱材は「熱(輻射熱)を反射させて跳ね返す」材料です。

リフレクティックスは、宇宙産業の反射絶縁材料を地球環境に応用させた「遮熱材」です。
アメリカインディアナ州に位置するリフレクティックス社が持つ「反射技術」によって、輻射熱の反射率99%を実現。
この高い遮熱性能を持つリフレクティックスは、暑い夏と寒い冬を快適に過ごすことに寄与する環境に優しい材料です。
たった8mmの遮熱材リフレクティックスが今までの断熱の常識を覆し、冷暖房コストとエネルギーの節約に大きく貢献。

建物の屋根・壁・床の建物外皮にすっぽりと、適切に施工することで魔法瓶のように熱の出入りを防ぐと同時に夏・冬のエネルギーロスを減らし、最大限の効果を発揮します。

住宅だけでなく、工場や倉庫、店舗や事務所、冷凍施設など場所、建物用途に応じた施工が可能です。

リフレクティックスは「夏涼しく、冬暖かい温熱環境」を実現します。
所定の遮熱工法によって建物の内外の温熱環境を絶縁し、外の熱の影響を受けにくく、室内の熱を逃がしにくくしますので、冷房と暖房の両方で効果が上がります。
年間空調費を50%以上削減できるケースも多く、最大エネルギー削減率は89%と、省エネ効果の高い工法です。 
また月々のランニングコストを下げるだけではなく、新築の場合は初期の冷暖房設備の台数を減らすことができ、イニシャルコストも大幅に削減することが可能です。
そして、リフレクティックスの大きな特徴として「結露対策」も。岩手県では「新技術活用促進事業」での結露対策工法として登録されています。

当社の事務所を建てる際にも使用しました。工事中の写真です。
こんなふうに壁一面、天井にもリフレクティックスを貼ります。キラッキラです。
断熱材は使ってないので、これ一枚だけです。

そして現在...、効果は絶大です!

事務所は一面ガラス張りなので晴れた日にはずっと光が差し込みます。気持ちのいい季節はいいのですが、暑くなる季節は最悪とも言えるこの事務所…見た目はいいのですがね…夏は暑そうでしょう… ↓

けれど、冷房をかければ直ぐに冷えます!
こんなにガラス一面で直射日光が入ってきているのに!!、です。
私は27℃で丁度いいのですが、26℃に設定すると肌寒く感じるくらいです。
逆に冬は、設定温度をそんなに高くせずとも暖かくキープするのだそう。

少しでも気になった方は、是非事務所に体感しにいらしてくださいね!
ご自宅、事務所、倉庫など、「冷房をかけているのに、なかなか効かない...」などお悩みの方是非

遮熱材 リフレクティックス。
メール、お電話、ラインにてお気軽にお問い合わせください。



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる