福井市で折板屋根の準備です

こんにちは、福井県福井市の屋根.外壁.雨樋工事店、株式会社吉光工業の堀田です。

今日は先輩の吉田さんが腰痛のため休んだので、折板下地のタイトフレーム溶接に行く事になりました。

思っていたよりH鋼が小さく幅100㎜程度しかありません。(-_-)
全長から真芯をだして、そこから両幅均等割り付けをしたら溶接開始です。

溶接慣れしている相棒の高道君が先陣を斬ってくれてラスト1列を僕がしました。
溶接の後に続いてスラグを取ってサビ止め塗装をしました。

今日は寸法を測って終了です。

この記事を書いた人

建築板金の極みを目指す!

工事部:堀田 稜治

生年月日/平成5年1月
資 格/1級建築板金技能士・玉掛・職長
経験年数/7年
特  技/若さと勢い

コメント

コメントする

目次
閉じる